咬み合わせ治療
  1. トップ
  2. 咬み合わせ治療

咬み合せが悪いとしっかり咬む事が出来ず、年齢を重ねていくと下の顎の関節に痛みがでる場合があります(顎関節症)。

顎関節症の治療

あなたは 食事中やあくびをした時など 顎(あご)に異音や痛みを 覚えたことありませんか…?
顎関節症には3つの特徴的な症状があります。

1.痛み

耳の前を指で触って、口を開け閉めしてみてください。関節が動いているのが分かりますか?その部分が顎関節です。下顎の付け根に顎関節はあります。痛みを感じているのがここだと正しく人差し指でさせるようなら顎関節症の可能性は高いと考えられます。

ここが痛かったら
顎関節症かもしれません
  顎関節を拡大すると…
顎関節症   顎関節症

痛みは顎関節以外の、こめかみや頬、あごの骨の後ろが痛むこと、又はっきりと指せないけれどその辺りが痛いことがあります。このような場合は食物を噛むための筋肉(咀嚼筋)の痛みであることが多いのです。

顎関節自体に問題はなく筋肉だけの痛みでも顎関節症という病名になります。

2.口が大きく開かない

顎関節症では口が開きにくい、大きく開けられない、急に口が開かなくなったと感じることがあります。この時、痛みのあることも無いこともあります。

大きく口を開いた時、揃えた指がたてに楽に3本入れば、十分口は開いています。
それ以下で、患者さん自身が不自由や痛みを感じていれば、顎関節症の代表的な症状の1つです。この症状を開口障害といいます。
口を開ける時まっすぐに開けられずに、右や左に曲がってしまうのも開口障害の一種です。がんばれば口は開くけれども、ひっかかるような感じがする、という症状もあります。

3.顎関節の辺りで音がする

食事をしている時や話をしている時、あくびや大きく口を開いたときに顎関節の辺りで音がすることがあります。これも顎関節症の症状の一つです。
「コキン」と言う音が口を開ける時に1回する場合と、「ゴリゴリ」「コキコキ」「ミシミシ」などと感じる音が、顎を動かしていると何度もする場合とがあります。

当院ではこのような顎関節症の治療を行っております。
お気軽にご相談ください。

顎関節症の治療方法

治療用マウスピース (スプリント治療)

顎関節症の治療で用いられる寝ている間に装着するマウスピース型の装置です。

スプリント治療このスプリントは、主にあごの筋肉の痛みと、その緊張を和らげるために使用されます。顎関節症による痛みがなくても、歯をかみしめたり、歯ぎしりがある人には、その癖を直すために使用されることがあります。

日中に痛みがある人の場合は、日中もスプリントを装着することで、
あごの筋肉の緊張がゆるめられ、かみ合わせを安定させて不快感を軽減させることが
できます。1日を通じて使用しても問題はありません。

薄いプラスチック製のスプリントを、上あごの歯か下あごの歯にかぶせて、
噛みあわせが均等になるように調整します。この調整が簡単に行えるのも
スプリントのメリットです。

症例によってはスプリント治療を長期に使用することで、顎関節症を悪化させる場合もありますので、スプリント治療は慎重に行う必要があります。

診療カレンダーCALENDAR


:休診日です

取扱クレジットカードCredit Card

クレジットカード

患者さんの声・口コミ

歯ブラシプレゼント
初診時にホームページを見てと受付にお申し出いただいた方に歯ブラシをプレゼントいたします。

問診表ダウンロード
アンケートご協力のお願い
アンチエイジング
無痛治療
インプラント専門医との連携